光ネットの料金はよく考えると意外と高いですね

1か月ごとに請求される光ネットの料金は定められた金額を差し引かれているため、それほど意識することがないかもしれませんが、携帯などの料金と合わせて考えると、毎月かなり多くの金額を通信代金として納めています。
いくつかある選択肢の中からわずかでも安いプランで契約の申し込みをしたいものです。
端末(ノートPCやタブレットなど)をインターネットにつなぐためのWi-Fiルーターにスマートフォンを使用することをテザリングと呼びます。
昨年スタートしたワイモバイルでは、、ソフトバンクと同じようにテザリングを無料オプションとして使うことができます。
しかし、使用時にはデータ通信の月間契約量を超えることのないように注意する必要があるんです。
近頃、光ネット業者が高齢者の住む家を訪問し、勧誘をかなり強引に迫ったり、判断力の劣った高齢者をうまく言いくるめて契約させるなど、光回線の契約トラブルが多くなっています。
こういったことを受けて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光ネット契約に関して2015年にもクーリングオフ制度導入の方針を明白にしました。
wimaxの回線は、家の外でも使うことはできますが、固定回線よりもだいぶ遅いです。
動画などを見ると、コマ送りになったり、カクカク見えたりすることも時々あります。
都心部以外は対応していない場所もよくあります。
始める前に、使用する場所の確認が必要なのです。
次のインターネットの環境として、ワイモバイルを候補として入れています。
どうせなら手ごろな方がいいので、どんなキャンペーンをしているのか確かめてみました。
ざっくりと目を通したところ、他社から乗り換える方法でキャッシュバックという制度が存在しました。
適用条件などを確認して、慎重に検討したいと思います。